【リンパ節炎.com】〜細菌性リンパ節炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
rinpasetuen★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではリンパ節炎の種類と原因について、細菌性リンパ節炎を詳しく説明しています。

細菌性リンパ節炎とは、傷口などから体内へ侵入した細菌に感染することでリンパ節に炎症が起こるものです。細菌に感染したことで起こるリンパ節炎が進行し、リンパ液で細菌が増殖するとリンパ節に腫れや痛みが生じます。皮膚に炎症が及ぶと発赤や膿が発生する場合もあります。

原因となる主な細菌には以下のようなものが挙げられます。
・黄色ブドウ球菌
・化膿レンサ球菌
・結核菌(結核性リンパ節炎
・梅毒トレポネーマ(梅毒)
・ブルセラ属菌(ブルセラ症)
・ペスト菌(ペスト)
・バルトネラ菌(猫ひっかき病)
・野兎病菌(野兎病)

治療は抗生物質の投与による薬物治療が基本となります。化膿の原因となっている細菌を特定し、原因となっている細菌に対して効果の高い抗生剤を適用します。
また切開して膿を除去することも必要となる場合があります。


⇒ 化膿性リンパ節炎

⇒ ウイルス性リンパ節炎

⇒ 結核性リンパ節炎

⇒ 亜急性壊死性リンパ節炎

sponsored link



【リンパ節炎.com】TOP

copyright©2014  【リンパ節炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved