【リンパ節炎.com】〜リンパ節炎とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
rinpasetuen★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではリンパ節炎とはどんな病気なのか、詳しく説明しています。

リンパ節炎とはリンパ節に炎症を起こした状態の事を言います。頸部や腋窩や鼠径部などのリンパ節に炎症が発生し、腫れて痛みや発熱を伴うのが特徴です。
リンパ節炎には急性のものと慢性のものがあります。

原因の多くは細菌に感染して起こるもので、侵入してきた細菌を攻撃する為にリンパ球の活動が活発になりリンパ節が肥大し炎症を起こすものです。他にもウイルス性のものや鼻や咽喉の炎症が拡大して起こるもの、結核や梅毒、川崎病、トキソプラズマ、サルコイドーシス、また稀に原因が特定できない原因不明のものもあります。

リンパ節炎の症状は、炎症を起こしているリンパ節の腫れ、痛み、発熱などが代表的です。炎症が進行して皮膚にまで及ぶと、発赤や化膿を伴うこともあります。
急性の場合はこれらの症状が急性的に現れ、症状は比較的強く現れます。慢性の場合は弱い刺激が長期に渡って慢性的に現れます。

リンパ節炎の治療は、腫れが小さく発熱が弱い場合には基本的に自然に治癒します。腫れている患部を冷やし安静にすることが重要です。傷などがある場合は抗生物質を服用します。化膿している場合は、切開して膿を除去することも必要となります。


⇒ リンパ節とは

⇒ リンパ節の腫れ

sponsored link



【リンパ節炎.com】TOP

copyright©2014  【リンパ節炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved